キム・ヒョンソン、2018平昌冬季オリンピックの聖火リレーの走者として参加

‘スマイルキング’キム・ヒョンソン(36、現代(ヒョンデ)自動車)が’地球村の冬祭り’平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックへ行く道を明らかにした。29日、キム・ヒョンソンは2018平昌冬季オリンピック、大邱(テグ)地域の聖火リレーの走者を務め、祭りの炎が全国を熱する101日間の輝く旅程をともにした。

キムヒョンソンは「初めて平昌冬季オリンピックの走者に選ばれた時、とてもわくわくして嬉しかった。 これから韓国で行われるオリンピックで聖火リレーの走者として再びプレーできるだろうかと考えていた」とし、「今日、聖火リレーの走者として参加でき、とても幸せで寒い天気にもかかわらず、沿道に出て ‘平昌’を連呼してくれた市民を見て、大韓民国の国民として大きな誇りを感じた」と感想を述べた。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください